『わきだせ!いのちの水』 たけたにちほみフレーベル館(2019-10)
*選考委員:漆原智良・鈴木茂夫・重光純・諏訪志げる・かとうけいこ・のはらあい・常田メロン

どんな本?。 こんな本。

[banninnno+]

明治時代から昭和にかけて、身寄りのない子どもたちと生活し、<保育の父>と呼ばれるようになった、佐竹音次郎の伝記である。
伝記の対象として新しい、政治や科学ではない民間からの掘り起しが輝いている。

[tiyokoreito+]

子どもたちにとっては、通学路も遊び場だ。階段を上るのも、楽しい力試しの冒険だ。しかし、老人になると階段はつらい。
団地住まいの子どもたちと、引っ越していく老夫婦の、あたたかな交流の物語である。

[midorino...+]

果物や野菜や花々のヘタ(茎がつながっていたところ:へそ)は、たいていが星の形をしている。子どもの心と感性に寄り添いながら、
視覚に留まらず、想像の世界と希望を広げていく。

[anatagao...+]

<あなたがおとなになったとき>という表題のことばで始まる各章を、未来に向けて展開させていく。
定型ではあるが、問題と吟味の質は実に的を射ている。

[ikirumahou+]

生き抜くための、小さな魔法のような言葉がある。子どもたちにも分かる言葉で、その勇気と力をていねいに紡いでいく。


FC2携帯変換について
->続きを表示
<-最初へ戻る
◆ツール
◆設定
▲上へ
このページはFC2携帯変換によってPC向けのページが携帯電話向けに変換されたものです
Powered by FC2